保育方針

  1. 子育て支援を通じて、社会に貢献することを運営の方針とします。
  2. 人間関係の最も重要な乳幼児に、経験豊富な保育士により、保護者のニーズを尊重しながら、素直で明るく、たくましい、心身共に健全な保育を目指します。
  3. 0歳については、特に、安心・安全を念頭に、睡眠中の仰向け寝かせと5分毎の観察確認を徹底します。
  4. 0歳から3歳は視覚と聴覚、感情面の発達が著しいとき。そのため好奇心を育む環境づくりをしています。
  5. 各年齢に応じた基本的な生活習慣の自立が出来るように指導します。4、5歳については小学校に入学する準備の教育につとめます。

entei2 entei3 entei1